南京殷巷498元做3次

南京殷巷498元做3次

の隣のベンチを指さしました。

木製のテーブルとベンチは、この望楼のほとんどすべての家具です。

若い男が率先して最初に座るのを見て、男性の銃撃者は勇気を奮い立たせ、若い男の反対側にゆっくりと座りました。窓枠に近く、外に光がちらちらと光っていたため、男性の銃撃者はついに若い男性を徹底的に見ました。

彼はこの若い男が誰であるかを認識したので驚かずにはいられませんでした!

これは少し前にソン?インと一緒に車から出てきた男ではありませんでしたか?結局、彼が運転したのはアルファロメオでした!しかし、アルファロメオは爆破されて崖に直接落ちたのではありませんか?

どうして彼は遠くから瞬く間にここに来て、静かに彼の後ろに現れたのですか?この瞬間、男性の銃撃者が飲み込んだ。

彼は拾った木と竹片を使って望楼の外で簡単なサイレンを作ったが、サイレンは鳴らなかったようだった!

若い男羅秋は弾丸の1つを拾い、それをいじった。発射されたばかりで、空中に長時間留まらなかったため、弾丸自体はまだ熱を持っていました。

「爆弾は車の底で爆発した。」羅秋はこの瞬間静かに言った:「この車は宋家の家から直接運転した。それはまったく止まら南京夜网论坛なかったので、それを設置する可能性はほとんどない。中途半端です。ない限り。誰が私からそれを隠すことができます。しかし、それは不可能だと思います。つまり、これは早朝に2台のスーパーカーのベースに設置されました。」

ガンマンは同時に神経質に周りを見回しました。逃げられないようなものがありました。逃げる絶望的な気持ち。

羅秋氏はこの時、「それなら、出発前に爆弾が設置された可能性は一つしかない。私は、これらの爆弾を非常に多くの警備員の下に設置し、謙虚な家で監視するためにどのような方法を使用したのか興味があります。 、この2南京桑拿会所网台だけじゃないのではないでしょうか?ソンインのスポーツカーは全部設置されていますよね?どちらを運転するのかわからないので、この場合、なぜ2台なのか説明できます。すべてのスポーツカーに爆弾が装備されているというこの考え方でしょうか。私は正しいですか?」

「いいえ、いいえ。」男性の銃撃者はまだ非常に緊張していました。

羅秋はうなずき、まるで自分に話しかけているようにつぶやいた。「それで、誰だろう?謙虚な家でのレイプなのか?それとも買われた人なのか?」

「彼が誰なのかわからない!」男性の銃撃者はこの瞬間、「私たちは

コメントは受け付けていません。