金丝阁兼职女论坛

金丝阁兼职女论坛

まにしかありません。」

「今週末はカルイザワに行きます。あなたは新しい車を買ったのですが、今まで乗ったことがありません。運転してもいいです。」

「大丈夫です。」「

村上に電話するのを忘れないでください。くん。」

「だから私の車は着席できません。」

「さくら村にはもう5人います。」「つまり、村上だけです。」

「え?どうする?あぁ!なるほど!」

電話が切れた。長いため息をついた。

村上と一人で出かける?予定?

——————

3月26日、土曜日、放送賞の日。

南京桑拿论坛

早朝、村上悠が小林南京桑拿楼凤网裕介から電話を受けた。

「村上さん、お酒を飲みに行ってみませんか?」

村上さんは体を上げ、ベッドサイドテーブルで時計を手に取った。

「朝8時に飲み始めますか?」と彼は尋ねた。

「たまにやるのも悪くないですか?それに、夕方の表彰式はありませんか?その時まで飲んで一緒に行きませんか?」

「あ、そういうこともあります。 「村上はそれをつかんだ。私の散らかった髪は、「はい。とにかく、今日は他に何もすることがありません。」

「お台場はいかがですか?コンベンションセンターの向かいでお待ちしております。」

「わかりました。」

村上は電話を切り、黒いシャツを着て紺色のスラックスに着替え、階下に行って洗濯をしました。外出する。

3月の朝は気温はそれほど高くありませんが、天気は良く、太陽がすべてを育み始めていま南京桑拿会所网す。

庭には活力に満ちた草が生え、下の土もとても近くにあります。

村上さんの気分はもっと元気になりました。

彼は、ユ?ムビの自転車、彼のバイク、そしてサクラの車が駐車されていたガレージに歩いた。

バイクにまたがってヘルメットをかぶる準備をしていたさくら着メロが入って来た。

今日、彼女はゆるくて細いVネックのセーターを着ていました、そして鎖骨はまるですべての光を吸い込むかのようにまばゆいばかりの白でした。

彼女はバイクのところまで歩いて行き、郵便受けに手を置いた。

「どこへ行くの?」村上優に聞いた。

「お台場。お酒を飲んで

みよう」「飲酒は体調不良。そんなことしないで。一緒に軽井沢に行ってみませんか?」

「ゆうすけを約束しました」

「どうしたの」鈴根さくらテイクアウト。電話南京楼凤论坛をかけ、電話を南京桑拿按摩かけます。

「大西さん、静香さんを見つけて教えてください。小林裕介さんは朝から飲み始めます。えーと、お願いします。」

電話を切ると、しばらくすると小林裕介さんから電話がありま

コメントは受け付けていません。